健康対策についての各持論の最近のブログ記事

認知症 原因への理解度が高ければ高いほど、認知症 症状を初期の段階で見抜くことができるでしょうね。

生理的老化と認知症は違いますので、気を付けましょう。生理的老化ではその神経細胞の減少のスピードが遅く、常に使用している機能は保たれているのが特徴です。

つまり日常生活や社会生活に支障のない記憶障害や認知の障害なのです。

認知症では、認知症 原因である脳の神経細胞の減少のスピードが早く、日常生活や社会生活に必要の機能まで障害されるので、物忘れや認知の障害により日常生活がうまくいかなくなる・・という認知症 症状が出ます。

具体的な症状としては、朝食を食べたことを忘れ、昼近くにお腹がすいてくると「これはまだ食事をしていないせいだ]と考え、さらに「嫁が食事を食べさせてくれないため」と理由付けをして、それを近所に言いふらしたりします。

他人を気遣う気持ちをもった人たちが、その優しい気持ちゆえに人知れず多汗症で悩んでいるのが現状です。

それほど多汗に悩む人は、自分の本音を率直に表現できなかったり、他人の気持ちを気遣いすぎる人が多いのです。それが多汗症の原因にもなっています。

こうした人たちの多くは、社会にでてからも人づきあいが苦手で、ときには引きこもってしまうこともあります。そうした内向的な態度がさらに多汗に結びついてしまうのですが、特徴的なことばがいくつかあります。

「こんなに汗が多いのは、私だけではないでしょうか」
「私が人間関係がうまくいかないのは汗がでるからです。もし汗が減れば、積極的な人間関係を築けるはずなんです」
「汗がつらいというより、汗で悩んでいることを知られるのが恥ずかしい」

いま挙げたようなことばをもって「人を思いやる優しい気持ち」と、まとめることはできません。

むしろこうしたことばの根っこにあるのは、自分自身に向ける意識の強さです。

多汗症の原因とは

たとえば「汗が多い原因は私だけ」というのは、自分をことさら差別化したいという気持ちの表れですし、人間関係のまずさを汗のせいにするのは、ほんとうの原因から目をそらして逃避している態度です。

どちらもけっして前向きとはいえない、否定的な感情です。