金利と国債価格とFXについて

銀行は低利の資金を、実は収益性の良い海外投資に回したいところなのですが、BIS(国際決済銀行:主要国の中央銀行)規制が示している自己資本比率を保つためには、一定程度は円で資産をもつ必要があり、すべてを海外投資に回せない事情もあるのです。

特にFXが円高の時代は海外投資したいですね。円安になった時にFXで円を買い戻せば利益が大きくなります。

そして本来なら、もっとも大きい貸出先である国内の民間企業に、資金需要がありません。下手に貸し出そうものなら、不良債権をまたぞろ増やす結果になりかねません。結果、国債に日本中のカネ余りのカネが流れ、債券バブルとなっているのです。


しかし、この国債の異常な高値、つまり低金利が何かのキッカケで崩れたらどうなるでしょう。国債市況の低下は金融機関の大幅な損失となってあらわれます。

長期金利がわずか1%上昇しただけで銀行の損失は1兆7000債円を超えると試算されます。

この額は2001年度に大手16行が処理した不良債権処理額4兆3000債円の40%になります。金利の上昇は1%にとどまるわけがないので、軽く10兆円以上は銀行の収益から消えていくでしょう。しかし問題はそれだけにとどまりません。


国債価格の低下は、それと連動する長期金利の上昇をもたらします。長期金利上昇は景気を冷やします。FX市場では円高にもなります。

景気後退プラス円高は特に輸出企業の業績悪化をもたらします。